内容証明文例 遺留分減殺請求書(遺産の遺留分の減殺請求)

文例 「遺留分減殺請求書(遺産の遺留分の減殺請求)」

【内容証明郵便】 遺留分減殺請求書(遺産の遺留分の減殺請求)

このページは、内容証明郵便「遺留分減殺請求書(遺産の遺留分の減殺請求)」の文例書式(雛形・テンプレート・フォーマット)を提供しています。

遺留分減殺請求書(遺産の遺留分の減殺請求)


○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号

 甲野太郎  殿

平成○○年○○月○○日

○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号

 甲野次郎 

遺留分減殺請求書

私は、亡き父 甲野一郎 がその遺産の全てを長男である貴殿に相続させる旨の遺言書を残していたことを、平成○○年○○月○○日に知りました。

しかし、父の遺言書の内容は、私の遺留分を侵害するものといえますので、私は、本書をもって、貴殿に対し遺留分減殺を請求いたします。

以上

※亡くなった人の兄弟姉妹を除く相続人(配偶者・子・父母)には、遺産の一定割合(法定相続分の2分の1)は取得できる権利があります。これを遺留分といいます。

※自分の遺留分が遺言で侵害されたことを知った場合は、「遺留分の減殺請求」をすることが出来ます。

※「遺留分の減殺請求」は、自分の遺留分が侵害されたことを知った日から1年以内に行わなければなりません。よって、文例のように「自分の遺留分が侵害されていること」、「遺留分が侵害されたことを知った日」、「遺留分の減殺を請求すること」を明記し、内容証明で送るようにしましょう。

内容証明郵便の文例

内容証明 遺留分減殺請求書

 内容証明郵便「遺留分減殺請求書」について

「内容証明郵便とは」
内容証明郵便とは、「いつ」、「誰から誰に」、「どんな内容で」出された郵便物であるかを、証明する制度です。
そのため、このページに記載の、「遺留分減殺請求書」等は、内容証明郵便に適したケースだといえます。
内容証明郵便は一般書留にする必要がありますが、「配達証明」のサービスを利用することにより、配達した事実を証明することもできます。
「配達証明」の他にも、「本人限定受取」、「速達」、「配達日指定」、「引受時刻証明」、などのサービスを利用することが出来ます。

  • 「一般書留」
    郵便物の引き受けから配達までの送達過程を記録し、万一、郵便物が壊れたり、届かなかった場合に、実損額を賠償される書留
  • 「配達証明」
    配達した事実を証明するサービス
    (実際の受取人が誰であるかを証明するものではありません。)
  • 「本人限定受取」
    差出人が指定した人に郵便物を配達するサービス
  • 「引受時刻証明」
    郵便局が郵便物を引き受けた時刻を証明するサービス

「内容証明郵便を用いるケース」
内容証明郵便は、「遺留分減殺請求書」の他にも、「クーリングオフ」「契約解除」「貸金回収の督促」「債務免除(債権放棄)」「未払い賃金、解雇予告手当の請求」「時効中断(暫定的時効中断効の催告)」等で利用されます。

「インターネットによる内容証明の送付」
内容証明郵便「遺留分減殺請求書」は、「e内容証明の専用ウェブサイト」を利用することにより、インターネットによる内容証明郵便の送付も可能です。