内容証明文例 暴行を加えた事実はない旨の回答

文例 「暴行を加えた事実はない旨の回答」

【内容証明郵便】 暴行を加えた事実はない旨の回答

このページは、内容証明郵便「暴行を加えた事実はない旨の回答」の文例書式(雛形・テンプレート・フォーマット)を提供しています。

暴行を加えた事実はない旨の回答

暴力行為に対する損害賠償請求を受けたが、暴行を加えた事実はないと主張するケース


○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号

 甲野太郎  殿

平成○○年○○月○○日

○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号

 乙川次郎 

通知書

私は、貴殿からの平成○○年○○月○○日付内容証明郵便により、平成○○年○○月○○日発生の暴力行為についての損害賠償請求を受けましたが、私が貴殿に対し暴行を加えた事実はありません。

貴殿が私に暴行されたと主張された日に、私は貴殿と激しい口論をしたことは確かですが、貴殿が負傷された原因は、貴殿自身が興奮して自分自身で壁を殴ったことによるものです。

この件に関しましては、上記口論を行った、○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号の飲食店○○の店主が、目撃されておりますので、ご自身で確認されるべきだと存じます。

よって、私には損害賠償請求に応じる義務はございませんので、その旨、回答いたします。

以上

内容証明郵便の文例

内容証明 暴行を加えた事実はない旨の回答

 内容証明郵便「暴行を加えた事実はない旨の回答」について

「内容証明郵便とは」
内容証明郵便とは、「いつ」、「誰から誰に」、「どんな内容で」出された郵便物であるかを、証明する制度です。
そのため、このページに記載の、「暴行を加えた事実はない旨の回答」等は、内容証明郵便に適したケースだといえます。
内容証明郵便は一般書留にする必要がありますが、「配達証明」のサービスを利用することにより、配達した事実を証明することもできます。
「配達証明」の他にも、「本人限定受取」、「速達」、「配達日指定」、「引受時刻証明」、などのサービスを利用することが出来ます。

  • 「一般書留」
    郵便物の引き受けから配達までの送達過程を記録し、万一、郵便物が壊れたり、届かなかった場合に、実損額を賠償される書留
  • 「配達証明」
    配達した事実を証明するサービス
    (実際の受取人が誰であるかを証明するものではありません。)
  • 「本人限定受取」
    差出人が指定した人に郵便物を配達するサービス
  • 「引受時刻証明」
    郵便局が郵便物を引き受けた時刻を証明するサービス

「内容証明郵便を用いるケース」
内容証明郵便は、「暴行を加えた事実はない旨の回答」の他にも、「クーリングオフ」「契約解除」「貸金回収の督促」「債務免除(債権放棄)」「未払い賃金、解雇予告手当の請求」「時効中断(暫定的時効中断効の催告)」等で利用されます。

「インターネットによる内容証明の送付」
内容証明郵便「暴行を加えた事実はない旨の回答」は、「e内容証明の専用ウェブサイト」を利用することにより、インターネットによる内容証明郵便の送付も可能です。