内容証明文例 ペットショップに対する損害賠償請求(購入したペットが病気にかかっていた)

文例 「ペットショップに対する損害賠償請求(購入したペットが病気)」

【内容証明郵便】 ペットショップに対する損害賠償請求(購入したペットが病気)

このページは、内容証明郵便「ペットショップに対する損害賠償請求(購入したペットが病気にかかっていたケース)」の文例書式(雛形・テンプレート・フォーマット)を提供しています。

購入したペットが病気にかかっていた場合の、ペットショップ・ブリーダーに対する損害賠償請求


○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号

○○ペットセンター

 代表 甲野太郎  殿

平成○○年○○月○○日

○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号

 乙川次郎 

損害賠償請求書

私は、平成○○年○○月○○日、貴店において○○○○犬1頭を代金○○万円で購入しましたが、購入した翌日より、○○の異常がみられたので、同年○○月○○日、○○動物病院で診察してもらったところ、○○○○病にかかっていることが判明しました。

獣医師によれば、○○○○病は潜伏期間が○○日程あるため、購入前に病気にかかっていたことは確実であるとのことでした。

よって、下記損害合計○○○○万円の支払いを請求いたします。

なお、念のため、貴店の指定動物病院である○○アニマルクリニックにて、貴店で購入したとこを告げずに診察してもらったところ、上記○○動物病院と同じ診断結果が出ましたので、併せて通知いたします。診断書につきましては別便で送付いたします。

   治療費   ○○○○万円
   通院交通費   ○○○○万円
   ○○○○○   ○○○○万円

以上

内容証明郵便の文例

 内容証明郵便の文例

文例 ペットトラブルに関する内容証明郵便の書き方

急増するペットトラブル
近年、ペットトラブルが急増しています。トラブル解決の手段として「内容証明郵便」を利用するケースも増えています。

ペットトラブルの例
・ペットショップとの売買トラブル(先天性の障害や病気)
・ブリーダーとのトラブル(交配トラブル)
・ペットホテルとのトラブル(ケガや逃亡等)
・ペット美容室・トリマーとのトラブル(カットの失敗、ケガや逃亡等)
・ペットシッターとのトラブル(ケガや散歩中の事故、逃亡等)
・ペット禁止マンション・集合住宅での飼育トラブル(近隣トラブル)
・動物病院・獣医師とのトラブル(請求金額、治療ミス、医療過誤)
・対人トラブル(ペットが他人にケガをさせた) ・血統書トラブル(血統書詐欺)

内容証明 ペットショップに対する損害賠償請求

 内容証明郵便「ペットショップに対する損害賠償請求」について

「内容証明郵便とは」
内容証明郵便とは、「いつ」、「誰から誰に」、「どんな内容で」出された郵便物であるかを、証明する制度です。
そのため、このページに記載の、「ペットショップに対する損害賠償請求」等は、内容証明郵便に適したケースだといえます。
内容証明郵便は一般書留にする必要がありますが、「配達証明」のサービスを利用することにより、配達した事実を証明することもできます。
「配達証明」の他にも、「本人限定受取」、「速達」、「配達日指定」、「引受時刻証明」、などのサービスを利用することが出来ます。

  • 「一般書留」
    郵便物の引き受けから配達までの送達過程を記録し、万一、郵便物が壊れたり、届かなかった場合に、実損額を賠償される書留
  • 「配達証明」
    配達した事実を証明するサービス
    (実際の受取人が誰であるかを証明するものではありません。)
  • 「本人限定受取」
    差出人が指定した人に郵便物を配達するサービス
  • 「引受時刻証明」
    郵便局が郵便物を引き受けた時刻を証明するサービス

「内容証明郵便を用いるケース」
内容証明郵便は、「ペットショップに対する損害賠償請求」の他にも、「クーリングオフ」「契約解除」「貸金回収の督促」「債務免除(債権放棄)」「未払い賃金、解雇予告手当の請求」「時効中断(暫定的時効中断効の催告)」等で利用されます。

「インターネットによる内容証明の送付」
内容証明郵便「ペットショップに対する損害賠償請求」は、「e内容証明の専用ウェブサイト」を利用することにより、インターネットによる内容証明郵便の送付も可能です。